DXマーク認証制度

制度概要

1. 概要と目的について

  • 1. DXマーク認証制度とは

    一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会では、個人情報の適切な取り扱いと健全な組織運営に必要とされる評価項目に加え、Society5.0や第4次産業革命が目指す社会への変化に対応するため、事業者の改革に必要とされるデジタル化およびDX化の推進において、備えなくてはいけない組織・体制づくりを項目別に定め、選ばれる事業者になるために必要となる項目をとりまとめて評価する「DXマーク認証制度」を提供いたします。

    「DXマーク認証制度」とは、国が策定した情報処理促進法及び個人情報保護法、不正競争防止法に則り、中小企業のDX化を推し進めるべく必要な対応項目を網羅し、認証する制度です。

    DX化への取組みは、技術的な改革や新規事業創出等のみに注目されがちですが、その推進過程におけるデジタル化の作業において、自社が保持する各種情報の整理と分析をもとに、適切に保持・管理・運営する体制を構築することを並行して事業を進めることが必要であり、個人情報保護法をはじめとして、関連する様々な法令を適用・遵守しながらDX化の推進を図るための適切な羅針盤として、中小企業の組織・経営強化およびDX化への取組推進に寄与することを目的としております。

  • 2. 申請対象

    全ての事業者が対象 
    (法人と個人事業者。法人は会社だけではなく、公益法人等の法人格も含みます)

  • 3. 本制度の特徴

    • 事業規模にとらわれることなく、適切なステップでDX化を推進するために必要な項目を定め、評価できる制度となっております。
    • DX化に向けて必要な要素として、4つの大分類(DX推進体制、デジタル化、人材、ビジネスモデル)を定め、DX化推進に必要な体制を整えるための取り組みから、DX化後の事業展開までを各事業ステージに応じて評価します。
    • 本制度への取り組みによって、認証事業者が現状の把握と社外に対する共通の評価と信頼を得るとともに、将来へのロードマップを描くための礎となります。
    • 本制度の認証期間は1年間で、認証には評価検討委員会が、各評価項目の適格性を審査します。
      またDX化の社会変化に適切に対応するため、1年毎に更新手続が必要となります。
    • 申請事業者のDXマーク取得を支援するため、希望事業者には、当協会が認定した「DXアドバイザー」を紹介する制度(個別直接契約、別途有料)を設けております。
      ※検定試験に合格後、1年更新で認定登録された「DX検定アドバイザー」をご紹介いたします
    • 認証された事業者の「DX宣言書」「個人情報取扱方針」は、当協会のホームページ内にて事業者情報とともに、公開させて頂きます。(相互リンク可)
    • 認証された事業者に対する提供物(提供サービスは詳細ページにてご紹介)
      ・当協会の認証書を発行
      ・DXマークロゴ使用許可(利用申請必要:無料)